今年も”Cuve Takoyaki”をアサンブラージュ&瓶詰めしてきました。

grey 今年も”Cuve Takoyaki”をアサンブラージュ&瓶詰めしてきました。

 

ホント面白いっす!

結局6時間くらいやってたのかも(笑)

 

今年の原酒の個性をまずは見つめて。

どんなワインにしたいか、いくつかのラフ・イメージ。

 

アタックから、中盤、後味、余韻への線形イメージ。

さらに熟成を見越しての、必要要素の仕込みイメージ。

 

いろんなことを1本の瓶に込める作業は

面白くもあり、恐ろしくもあり。

 

っていうかドキドキですね。

ホントに1%でも変わると、がらっと印象が変わることもあります。

 

数百本?数千本分のワインを造るために

アサンブラージュの決断を迫られるプロの醸造家の皆さんなら

眠れない夜もあるのではないでしょうか・・・

 

今年もやってみて、あらためて感じたのは、

音楽のミックスダウンと感覚がすごい近いんですよね。

 

こちらが聞こえると、

あれっ、あちらが聞こえない。

 

さっきはトーンの高いとこで聞こえていたのに、

こんどは中域で聞こえてきた!?みたいな感じで、

 

あーでもない、こーでもない、

これでいいかなあ、いや、でもまてよ!?

 

などと、6時間くらいやってました(笑)

 

品種の個性と、オリジナル原酒の魅力を引き出しながら、

なんとか素晴らしいワインができました!!!(←自画自賛)

 

どこかの飲み干す会で披露しちゃいますので、

感想きかせてください(優しいコメントお待ちしてます。笑)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です