いいなあと思ったので。

こんばんは。

って誰に向かっているのかよくわかりませんが(苦笑)。

実はいま、父親が危篤状態で、

実家のある大阪に帰ってきています。

重い話でスミマセン(笑)。

全国のワイナリーを取材させていただいていた時期も、

隙間をぬって頻繁に大阪と東京をいったりきたりでした。

それで、出版社の方にも多大なご迷惑を。(スミマセン)

それだけに、例の件は・・・さておき。(笑)

ガラにもなく、いろんなことを考えながら、ひとり、

録音素材を聞きなおしていました。 

これは僕が大好きなカタシモワイナリーの高井利洋社長の言葉です。

「その年その年で考えること。

自分の切ったものをちゃんとチェックする。

そして自分で考える。

理屈もわかってないといけない。

どういう理由で切るか。 そして検証していく。

そして新しいチャレンジをしていくこと。

教えてもらったこともありつつ、新たなチャレンジしていくこと。

そして失敗していくこと。

失敗しながらまた考えていくことが、自分の実になる。

とにかく考えること、考え抜くこと。

どれだけ考えたかで、自分の実になるスピードが違ってくる。

10年のところが5年になる。

前任者がやっていたこととは違う、新しいチャレンジをしてみる。

まあ失敗するんやけどな。(笑)

でも、そうすることで、なぜいままでこうなってたかの意味がわかってくる。

最初は無意味な失敗やけど、有意義な失敗に変わる時がくる。

これが忍耐や。

教えてもらって、それで同じものができても、それはしょせん同じものや。

俺はこのへんが醍醐味やと思ってる。」

 「(前略)・・・僕はここから逃げられへんわけや。

ここでどうやってつくって、みんなに喜んでもらうかっていう。

場所が変わったら、悩みもちがうわけや。

人間って、だれでも与えられた境遇ってあるやん。

いろんな悩みもあるやん。

それであきらめたら、なんのための人生やねんって。

しんどいかもしれんけど、自分の境遇をいかに楽しんで生きるかっていう。

そう思ってるねん。」

僕にって、ワインは、人です。

さあ、夜が明けたようです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です