素材は100% 飲めるのも奥尻だけ 限定ワインを発売@北海道新聞

去年の味わいを思い出しながら、

リリースを楽しみにしていましたが、今年は残念でした。

応援している人は、きっと多いと思います。

※島内約4000人のうち259人が死者・行方不明者となった

北海道南西沖地震は1993年のことでした。

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/chiiki2/223531.html

【奥尻】「奥尻ワイナリー」(海老原浩社長)は31日、島内で2009年に収穫したブドウから醸造した「奥尻ワイン」を発売する。天候不順で生産本数が少ないため、島内限定販売になる見込みだ。

 発売されるのはツヴァイゲルトレーベ(赤)、シャルドネ(白)など5種類。いずれも750ミリリットルで2千円?2300円。島内の酒店などで扱う。

 奥尻ワインは、島内の海老原建設が島の活性化を狙いに生産している。第1号の発売は09年4月で、今年が販売2年目。今年の分はすべて島内の同社工場で醸造した「純奥尻産」だ。

 昨年は島外の函館などでも販売したが、今年販売の09年産は原料が不作で、生産本数は少ない。同社は、インターネットなどでの通信販売はしておらず、「今回は出来は良いので、ぜひ島に足を運び、味わってほしい。来年は生産量を増やせるよう頑張る」としている。(小田島玲)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です