サントリー×ドメーヌ バロン ド ロートシルト共同開発ワイン発売。

サントリーワインインターナショナル(株)は、ドメーヌ バロン ド ロートシルト社と共同で開発した特別醸造ワイン「CENTURY(センチュリー)」を12月1日(水)から全国で数量限定新発売します。なお、オンラインショップ「イーリカー」(http://e-liquor.suntory.co.jp/)と登美(とみ)の丘ワイナリーで、10月14日(木)から先行予約を開始します。

http://www.suntory.co.jp/news/2010/10897.html

噂のワインが、いよいよ発売になりましたね。

「国産ぶどうのみを使用し、

カベルネ・ソーヴィニヨン、プチ・ヴェルド、メルロといった欧州系品種をベースに、

マスカット・ベーリーA、ブラック・クィーン」ということだそうです。

どこまでディープな共同開発だったのか、品種構成比率などは

ニュースリリースからはうかがい知れませんが、

はたしてどんなワインなんでしょうか?

日本ワインの目指していたスタイルを再検証しようと思って、先日、

90年代最高と言われる1997ヴィンテージの

サントリー「登美」vsメルシャン「桔梗ヶ原メルロー」対決を

してみましたが、驚くほど、傾向が似ていました。

わかりにくい例えかもしれませんが、

離陸のための体力を蓄える時代だったのかもしれません。

あれから13年。

両社がどこへ向かおうとしているのか、とても興味がありますね・・・。

と思ったら18000円ですか!!!

まあ・・・どこかで機会があったらお会いしたいワインです。(涙)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です