極上ワインへ、勝負の一夜…熊本のブドウ畑(読売新聞)

熊本県山鹿市のブドウ畑で7日未明、「一夜限りの夜間収穫(ナイトハーベスト)」が行われた。

 ワイン愛好家ら約100人が、頭に付けたライトの明かりを頼りに、熟したシャルドネ種の実をハサミで丁寧に摘み取った。

 収穫されたのは「熊本ワイン」(熊本市)が売り出す白ワイン用のブドウで、鮮度を落とさないため、一夜で一気に摘み取るという。昨年収穫されたブドウから造られた白ワインは7月、「ジャパン・ワイン・チャレンジ2009」の「新世界白ワイン部門」で最優秀賞に輝いた。

 7日は約3.6トンを収穫。来年7月ごろ売り出される予定で、熊本ワインの醸造責任者・幸山賢一さん(35)は「お盆を過ぎてからの好天で、出来は上々」と話していた。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です