北海道余市のピノ・ノワール、サッポロワイン発売@読売新聞

先日開催した、日本ワインを飲み干す会で、

さっそくみんなで味わってみました。

 

香りの複雑さや凝縮感は、

まだそれほど際立ってはいませんが、

 

ドイツのシュペートブルグンダーを思わせるレベルに近く、

ついに一定のところまで到達してきている感じがしましたよ!

 

まだ本数は少ないのですが、遭遇するチャンスがありましたら

ぜひ体験してみてほしい1本です。

 

サッポロワインが北海道余市産ピノ・ノワールで造る「グランポレール 北海道余市ピノ・ノワール 2008」が、発売された。

 北海道余市町は積丹半島の付け根に位置する道内有数のフルーツの産地。サッポロワインが1984年からワイン用ブドウの契約栽培を始め、現在は農家6戸で面積19・2ヘクタールまで広がった。ケルナー、ミュラートゥルガウなどの白ブドウが中心だったが、2006年にフランス・ブルゴーニュから輸入したディジョンクローン2種を含む苗を植付けて、栽培を本格化させた。

grey 北海道余市のピノ・ノワール、サッポロワイン発売@読売新聞

 余市は梅雨がないため、ブドウの生育期間の4?10月までの降水量が平均694ミリと少ない。温暖化の影響でブドウの糖度も上昇しやすくなった。2008年は最近10年間で最高の日照と、最低の降水量に恵まれた。生育期間の降水量が373ミリ。10月の気温が平年に比べて高く、小粒で糖度の高いブドウを収穫できたという。収穫日は10月19、20日。33%新樽のアリエ産の樽主体で5か月間熟成した。

 アルコール度数は13度。アルザスの良作年を思わせる赤系イチゴやスミレの香りがあり、タンニンは柔らかい。樹齢が高くなれば、複雑性が増すだろう。北海道での赤ワイン生産の可能性を示唆している。

 参考小売価格は3000円。1382本の限定生産。問い合わせはサッポロビールお客様センター(電話 0120-207800)。

2010年1月12日  読売新聞)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です