国産ワインコンクール2009 (2)



受賞ワインは、合計268銘柄。

今回もほぼすべてのワインをテイスティングしてきました。


お昼ゴハンをすっとばして開場から閉場までぶっつづけだったので

さすがに足腰に疲れがでてしまいましたが・・・(来年への課題)


後半は追い込み体制になってしまい、

写真を撮ることができていません。(来年への反省)


最後の最後で貴腐ワイン系が間に合わず、

閉場アナウンス中に手酌ですこーしづついただいていたら

運営の方に強制退場させられてしまいました・・・(今年の反省)


たしかに今回は記憶に残るワインが少なかったのですが、

そのなかでも「おっ!?」と思ったワインを

スーパー独断とウルトラ偏見でハイパーチョイスしてみます。


grey 国産ワインコンクール2009 (2)

★アルプスワイン/AWプラチナコレクション マスカットベリーA/2008

 味覚をぐいぐいとつかまれる、官能的な香りの、新しいスタイルのマスカットベリーA。
 「新しい日本ワイン」を感じることのできる1本です。
 コンクールでは認められにくいのかもですが、この個性は必飲です!


grey 国産ワインコンクール2009 (2)


★熊本ワイン/菊鹿セレクション小伏野シャルドネ樽発酵/2008

 ナイトハーベストも素晴らしいワインだと思いますが、さらに一段上のポテンシャルを感じました。
 熟成してなお素晴らしくなる予感。にしてもこの数年の熊本ワインのシャルドネの安定感は抜群! 
 いったいどこへ向かうのか!?


grey 国産ワインコンクール2009 (2)


★マンズワイン/甲州 酵母の泡/2007

 ネーミングがちょっとなまなましくてアレですが(苦笑)
 実は、このワインがこの日の一番の発掘&サプライズワインでした。
 ステンレスタンクの中で瓶内二次発酵と同じことをしてしまうという、
 機材豊富な大手パワーの産物。甘さの残り方、泡の柔らかさと細かさは、
 泡注入方式のスパークリングとは一線を画すクオリティでした。
 酵母由来の香りと旨味、そこに葡萄の甘さのバランスがとにかくGOODでウマー!
 甲州系スパークリングではNO1に踊り出たかも。これで1500円は素晴らしいです!!!


grey 国産ワインコンクール2009 (2)

★シャトレーゼ/鳥居平甲州シュールリー/2007

 年々、おいしさの安定感を増しながら、上位入賞の常連になってきました。
 引くところはしっかり引き、残すところはしっかり残っていて、しかも美しい。
 コンクール基準では評価されにくいのかもしれませんが、
 まちがいなく甲州ワインのステップアップを遂げながらトップをいく1本だと思います!!!


★メルシャン/日本の地ワイン 大森リースリング/2008

 メルシャンの「日本の地ワイン」シリーズは、ほかにもメルロなどがあり、
 1000円を切る価格ながら、実はあなどれない、とても素晴らしいワインです。
 このワインが評価されたのはとてもうれしいです。
 本当にコストパフォーマンスの高いワイン。この価格でこの品質のワインが
 幅広く流通するような日が来れば、日本ワインがどーんと底上げされると思います!


★井筒ワイン/NAC メルロー(樽熟/スープリーム)/2007

 井筒ワインの、銀賞をとったほかの赤ワインよりも、こちらのほうがかなりキテます!
 ミディアムボディのなかでも、かなりフルボディに近く、タンニンもしっかりあり、
 味わいを噛み締めることのできるポテンシャルがあります。なにせ香りが素晴らしいです!
 コーヒーの香りまであって・・・ああ・・・とても官能的なワインだと思います。GOOD!!!
 

★小布施ワイナリー/Le vin naturel de Domaine Sogga Cabernet Frans/2007

 金賞をとった銘柄よりも、とても印象的で魅力あふれる一本でした。
 曽我さんのワインの味わいは、ワインごとに、スポーンと抜けていることもあれば、
 なんだか曽我さんの悩みが乗り移ったかのように気難しいこともあったりして、
 気持ちの乗り移った、かなり「作品」的なものを感じるのですが、
 このワインについては、とにかく香りの複雑で豊かなこと!
 しかも全く若くて閉じていて、まだまだ封印されている状態なのに!
 完全に熟成タイプのジャパニーズ・グランヴァンだと思います。


●ルミエール/シャトールミエール/2007

 クラシカルな、酸化熟成のニュアンスを複雑味に取り込んだ、
 真面目さが伝わってくるワイン。
 明朗活発な派手さはなくとも、じわじわと葡萄の味わいが広がってくる、
 日本らしいアイデンティティーを感じる良いワインだと思いました!


grey 国産ワインコンクール2009 (2)


●ヴィラデストワイナリー/ヴィラデスト・ヴィニュロンズリザーヴ シャルドネ/2008

 完全に時期が早すぎて受賞しないタイプの典型だと思います。
 昨年度金賞受賞銘柄の最新ヴィンテージ。シャープな鋭い酸と白コショウまで香る、
 本格派のシャルドネ。数年後にまた味わってみたいと思ったほどのポテンシャルを感じました。


grey 国産ワインコンクール2009 (2)


●天橋立ワイナリー/甘口ケルナー/2007

 ケルナーのワインって、どうかすると香りが先行してジュースのような感じになるのですが、
 甘口といいつつも甘さが抑えられていて、ケルナーの香りのボリュ


2 Comments on “国産ワインコンクール2009 (2)”

  1. > ぼちぼちフラフラ飲み干しながら、
    いやぁ、たこやきさんは「ぼちぼちフラフラ」は卒業でしょう。(笑)
    で、一通り拝見さしてもらいました。全てテイスティング、お疲れさま。
    小生はもう4回目なので、目をつけた所だけ集中的にやっとります。
    (今回は、「挨拶回り」もあったんで。笑)
    ちなみに、国内改良系ではMBAだけが認められてるのではありません。
     http://www.jwine.jp/2009fol/con04.html
    ただ、エントリー数が少ないのでしょう。
    さて、おっしゃる通りこれからはワインの個性をどう取り込むかがこのコンクールの分かれ目になると思いますが、それより大事なことが二つ。
    (1)日本の風土にマッチした栽培技術による原料のレベルアップ。
    (2)海外の情勢をキャッチアップし、日本オリジナルの戦略をデザインする。
    以上二点に関して、真摯に取り組むかです。
    「国産ワインコンクール」と謳うには、今の審査員構成ではこういった点に疎い方が多い。
    実際、「ソムリエ教本」読んでも何の勉強にもならない。頭の中が「あれ」の世界のまんまで止まっている方々が殆どです。そうかと思うと、その反動でビオとかオルタナティブな方向に極端に走っちゃう。これでは、メインストリームの探求がままなりません。
    事務局が適切な方向にリーディングして行くためにも、オープンな場で議論することが早急に望まれています。

  2. コメントありがとうございます。
    畑作業で思いっきり日焼けされてましたね?(笑)
    >(1)日本の風土にマッチした栽培技術による原料のレベルアップ。
    >(2)海外の情勢をキャッチアップし、日本オリジナルの戦略をデザインする。
    まさにおっしゃるとおりで、僕もそう考えてました。
    これまで日本ワインはおもに「醸造」の加速によって
    猛スピードで進化してきたわけですが、
    国産ワインコンクールでも「醸造」によって
    「うまくできている」ワインも入賞して評価されているものの、
    早晩、行き詰ってくる可能性もあるのかなと感じてました。
    逆にここからは「栽培」の加速が不可欠で、そこから
    さらにもう一段、すごい進化が起こりうるんじゃないかと。
    ただそれは、これまでとは違って、
    膨大な試行錯誤の労力と時間が必要なことでしょうし、
    ここからが本当の戦いなんだろうなと思ったりもします。
    >(2)海外の情勢をキャッチアップし、日本オリジナルの戦略をデザインする。
    「醸造」でW杯に出場するとこまでは来た。
    「栽培」を加えて、さあ、どうやってW杯で勝つか、だ。
    みたいな、そういうところに
    日本ワインも来たんじゃないかと思います。
    もちろん勝つには「個性的を発揮したサッカー」・・・
    じゃなくて「個性的を発揮したワイン」が必要ですしね。
    座して変わらず・・・みたいな人たちをぶっちぎって、
    次の日本ワイン、どんどん出てきて欲しいです!!!
    飲んでるだけの人間が勝手に言ってるだけなんで
    もうまったくアレなんですけど・・・(苦笑)
    はたして10年後20年後どうなってるのか
    本当に楽しみなんで、素晴らしいワイン造ってください!(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です