ニコラ・ポテル、チリでピノ・ノワール生産へ@読売新聞

大好きな造り手の一人なのですが、

どんな道をゆくのか・・・追いかけたいと思います。

 

http://www.yomiuri.co.jp/gourmet/drink/wnews/20100105-OYT8T00386.htm

 

ブルゴーニュの生産者ニコラ・ポテル氏が、チリに進出し、ピノ・ノワールの生産に乗り出す。

 ポテル氏はヴォルネイのドメーヌ・ド・ラ・プス・ドールの評価を高めたジェラール・ポテルの息子。1995年に興したネゴシアンのメゾン・ニコラ・ポテルは2009年3月に、コタン・フレールに買収された。メゾンを去ったポテル氏は、ニコラ・ポテルの名前が使えなくなり、ドメーヌ・ポテルから名前を改めたドメーヌ・デ・ベレーヌを経営している。

 チリのヴィーニャ・コーポラとジョイント・ヴェンチャーを組み、チリ南部のビオ・ビオ地区からピノ・ノワールを生産する。ワインは「クロ・ビオ・ビオ」と名乗る予定。

2010年1月5日  読売新聞)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です