空き瓶で偽造ワイン造りが横行@読売新聞

ますます古い良年ワインは、

信頼できる所からしか買えないですね。

(コルクはどうするんでしょう???)

 

http://www.yomiuri.co.jp/gourmet/drink/wnews/20091217-OYT8T00430.htm

世界最大のオークションサイト「eBay」(イーベイ)で、偉大なヴィンテージの空き瓶が高値で取り引きされている実態が明らかになった。

 イタリアのフリー・ユニバーシティ・ボーツェン・ボルツァーノの教授が、ワインの空き瓶を取り引きする260のケースを調べた。中には、1982年のシャトー・ラフィット・ロートシルトに100ユーロ以上を支払っている例があった。82年のラフィットは2500ユーロ以上で流通しているオークションワインの常連。

 ボルドーの1982、1961、1945、1947年などの偉大なヴィンテージは、偽造ワインの標的となっている。安いオフヴィンテージのワインを詰めて、オークションで販売する手口が横行している。調査した教授は、空き瓶が高値で取り引きされていることが、そうした手口の裏づけになるとしている。

2009年12月17日  読売新聞)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です