日本のワイン消費量、13年に08年比3.9%増 仏社調査@日経ネット

ワインの国際展示会を世界各国で主催する仏ヴィネクスポ社(ボルドー)は26日、2013年の日本のワイン消費量が08年比3.9%増の2723万ケース(1ケースは9リットル入り)になるとの調査結果を発表した。今後、景気が回復し需要が拡大するとみている。消費量が最大の赤ワインは同4.1%増、スパークリングワインも同6.0%増える。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です