アンジェロ・ガヤ/スペルス/2001

 

grey アンジェロ・ガヤ/スペルス/2001

 

あまりにも種類が多すぎて

いまいちわからないガヤのワインです。(苦笑)

 

品種: ネッビオーロ94% バルベーラ6%

スペルスの畑はバローロ地区のセッラルンガ村にあるマレンカ・リヴェッテに位置しています。南西向きで日当たり良好、土壌は主に泥炭土、粘土、石灰石から成っています。以前はセッラルンガの畑の葡萄を購入してバローロを造っていましたが、1961 年自社畑の葡萄で造る決断をして以来、生産を中断していました。1988 年にやっとアンジェロが理想の畑をバローロに買い求めることができ、その時に父のことを思い、「深い憧れ」「郷愁」という意味の「スペルス」と名づけました。

 

・・・だそうです。パーカーさんも95点をつけたんだそうです。

 

ツヤとハリが感じられる液体で、とても綺麗です。

香りは樽のニュアンスがまだ、やや目立ってます。

 

ボルドー的なキャラクターを感じますが、

どっしり・・・というよりは酸が陽性な感じ。(感覚的でスミマセン!)

 

良いワインに感じる、いくつもの表情をあわせ持つ、

複雑というよりは、重層的な香り。

 

逆に味わいは思ったよりもシンプル!?

 

と思ってしまうほど、

ぴしっと編みこまれた1本の糸のように要素が解けてなくて、

 

ポテンシャルを感じると同時に

純情で繊細なワインかも?とも感じました。

 

いいワインだとは思いましたが・・・

 

でも・・・

 

なんかこのお行儀のよさが物足りない!(貧乏舌)

 

イタリア人はもっとこう、テキトーなはずだ!(超偏見)

 

バローロ!(謎の叫び)

 

このワインが24000円。

ボルドー志向で造られたワインとのことですが、

 

24000円なら立派なボルドー買えちゃいますし、

イタリアワインのポジションって難しいのかもですね。

 

すごく気合のはいった良いワイン。さすがです。

でも、たこやき的にはあまり揺さぶられませんでした・・・。

 

 

 [2001] スペルス / ガヤ イタリア ピエモンテ / 750ml / 赤@楽天


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です