ルー・デュモン/ボジョレー・ヌーヴォー/2009

 

 


grey ルー・デュモン/ボジョレー・ヌーヴォー/2009

 

一転、こちらはとても繊細な、

ピノノワールのような舌触りとキメとタンニン。

 

香りが上品で、とてもコントロールされています。

ガメイのマイナスポイントはなにも無いです!

 

日本人のセンスなのか、

むしろベリーAのワインににた印象でした。

 

ただ、意外と抜栓後は早めに飲んでしまったほうがいのかも?

とか思ったりもしました。

 

日本人のヌーボーが普通に飲めるなんて

これも新しい時代を感じさせますよね!

 

樹齢70?78年のVV。シスト表土で花崗岩質と砂質土壌。収量50hl/ha。実質ビオのリュット・レゾネ。手摘み収穫時、運搬前、発酵前の3回選果。セメントタンクにて天然酵母のみで6日間のMC後、空気圧式プレス。30%をニエーブルの森産ベルトランジュ社製樽で1ヶ月熟成(新樽40%)。澱引き時に粗目の珪藻土フィルターを使用。瓶詰め時はノンフィルター。瓶詰め時のみ、バクテリアを防ぐために最小限のSO2を添加


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です