北海道ワイナリー巡業/中澤ヴィンヤード

僕が衝撃を受けた日本のワインに、
この一本があります。
中澤ヴィンヤード「栗沢ブラン2007」。
先日、ブルゴーニュのワインメーカー
某氏にも飲んでもらったところ大絶賛で、
自分で手酌してまで飲んでました。(笑)
もはやその評価は、
日本の枠をすっかり飛び越えてしまっています。
ワイン日本代表を選ぶとすれば、
かならずスターティングメンバーにいれるでしょう。(笑)
このワインのぶどうが、いったいどんなところで生まれているのか、
ずっと知りたくて仕方なかったのでした。
そしてついに・・・この日が!!!
【中澤ヴィンヤード公式サイト】
http://www.nvineyard.jp/
岩見沢市栗沢町。
札幌からは車で約1時間。
ご夫婦2人だけの、
素敵なヴィンヤードがあります。
空はあいにくの曇り空。
どんよりどよどよ、です。
grey 北海道ワイナリー巡業/中澤ヴィンヤード こちらが、中澤ヴィンヤードです。
grey 北海道ワイナリー巡業/中澤ヴィンヤード 一見、ちいさな民家なたたずまい・・・
ですが、中は、めちゃめちゃオシャレ!!!
古民家を移築したものでだそうですが、
ビフォーアフターとかで紹介されそうなくらいナイスセンスです!!!
玄関脇にかけられたメッセージボードも
なんだか中澤さんの人柄が感じられます。
いつも畑に出てらっしゃるんですね・・・
grey 北海道ワイナリー巡業/中澤ヴィンヤード 「むむ・・・これはあと10分くらいで雨が来そうなので、
 さきにひととおり畑にいきましょう!」
と空を見て予言する中澤さんご主人。
いつも畑から空を見ているからでしょうか・・・。
grey 北海道ワイナリー巡業/中澤ヴィンヤード 2002年に畑を開墾して5年目。
ついにできたブドウで造った
2006年がファーストヴィンテージだった栗沢ブラン。
2007の栗沢ブランは、この畑で取れた
すべての白ぶどう品種をブレンドして作られています。
ピノグリ、ケルナー、
ゲヴュルツトラミナー、シルヴァーナ。
それぞれの品種で仕込んで、
ブレンド比率をいろいろ試した結果、
どーんと全部まるごと混ぜたブレンドが
結局、一番美味しく感じたそうです。(笑)
この土地の4つの異なる個性が
まるごと全力で引き立てあって、
あの素晴らしいワインができているんですね。
納得です。
grey 北海道ワイナリー巡業/中澤ヴィンヤード 土はふかふかで、雑草たちも元気に生えていました。
なんというか、土壌がしっかり呼吸をしている感じ。
今年からは、完全無農薬を実施しているそうです。
標高はわずかに50mの南向きの斜面。
土地そのものは4.6haあるのだそうですが、
現在のところ畑になっているのは約3haだそうです。
grey 北海道ワイナリー巡業/中澤ヴィンヤード grey 北海道ワイナリー巡業/中澤ヴィンヤード grey 北海道ワイナリー巡業/中澤ヴィンヤード grey 北海道ワイナリー巡業/中澤ヴィンヤード grey 北海道ワイナリー巡業/中澤ヴィンヤード grey 北海道ワイナリー巡業/中澤ヴィンヤード 実験的にピノ・ムニエも栽培しているということ。
リースリングは、やはり高級品種だといわれるだけあって手ごわいこと。
やはりピノ・ノワールには挑戦してみたいということ。
ケルナーはとても安定して栽培しやすいということ。
ヴィオニエは粒が小さいので量を確保するのが難しいこと。
いろんなブドウの粒を食べさせていただきながら、
お話をお伺いしていました・・・そこへ猛烈な雨が!雷まで!
中澤さんの予言的中です!
grey 北海道ワイナリー巡業/中澤ヴィンヤード ひー!
見渡す限り、まわりに何も高い建物がないので、
本気で落雷が怖い状況です!!!!
死ぬ!
死にたくない!
と猛烈ダッシュで中澤さんのおうちへ入れていただきました。
玄関でタオルをもって迎えてくださった奥様・・・その優しさは女神です!(謎)
grey 北海道ワイナリー巡業/中澤ヴィンヤード ご主人のまっすぐさと、奥様の明るさ。
見ているだけでしみじみ「いい夫婦ですね・・・」
と思ってしまうほど本当に本当に仲むつまじいご夫婦で、
そりゃーこんなに美味しいワインができるわけです!
grey 北海道ワイナリー巡業/中澤ヴィンヤード 栗沢ブランをあらためてテイスティングさせていただきました。
美味しいケーキと温かい紅茶をいただきました。
東京でサラリーマンをされていたということ。
北海道ワインでの修行の話。
自前の畑で始めてみようと思ったときのこと。
奥様にその胸のうちを打ち明けたときのこと。
ブドウに馳せる夢のこと。
2時間があっという間にすぎました。
どんな風に栽培してるんですか?
仕立ては?農薬は?ビオ?
なーんていう質問は無意味ですね。
心底ていねいにブドウを造っている。
そのことが伝わってくるだけで、もう十分です。
ブドウは中澤さんがつくり×栃木県のココファームで醸造されるという
「コラボレーション」ともいうべき形でワインが造られているのですが、
ヴィンヤードでブドウを見送ってから、
超高速で一足先にココファームへ移動。
大切なブドウを積んだトラックの到着を
ワイナリーの入り口で待ち受けているのだそうです。
そんな話を聞きながら、
確信しました。
最大のテロワールは、
ブドウを造っているその人そのものなんだ、ということを。
そしてそれはブドウに限らず、どんな人の仕事にも共通するもの。
そんな刺激を受けたのが、僕にとっては一番の収穫だったかもしれません。
おいそがしいなか、たくさん時間を割いてくださり、
本当にありがとうございました!2008も楽しみにしています!(^-^)
※「ああ、たこやき坊主さんですね?」とおっしゃっていたのは、
 どうしてなんだろう?誰も僕も正体を明かしていなかったのに・・・謎だ?。
栗沢ブラン2007のプロダクトシート@ココファームワイナリー公式サイト
http://www.cocowine.com/shopping/winepdf/W_kurisawa_2007.pdf


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です