小布施ワイナリー/セパージュ・ヨーロピアン/2006

grey 小布施ワイナリー/セパージュ・ヨーロピアン/2006

grey 小布施ワイナリー/セパージュ・ヨーロピアン/2006

 

国産ワインコンクールで金賞を受賞したヴィンテージを

1本だけキープしておいて飲んでみました。

 

ちょっぴりイジワルしちゃいました・・・

 

結論・・・

 

僕が間違っていました!

(あえて寝かせたのでしかたないですけど)

 

曽我さんのこのクラスのワインは

やはり早飲み用に味わいのバランスがフォーカスされているので

なるべく早めに食卓で味わってあげるのがいいように思います。

 

金賞受賞ピカピカ期からすると

ややバランスが崩れてきているように感じました。

 

ワインを構成する各品種ごとの年の取り方が

ずれているというか、足並みをそろえていないのかも?

 

とはいえ、ビオらしい複雑な味わいや、

タンニンや無濾過のニュアンスも感じられて、

 

さすが葡萄の自力は瓶のなかに詰まっています。

新しいヴィンテージも飲んでみないとですね。

 

小布施ワイナリーセパージュ・ヨーロピアン 赤 [2008] Sogga pere et fils Cepage Europeen@楽天

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です