あづみアップルスイス村ワイナリー/Deuxiemeシャルドネ/2007

grey あづみアップルスイス村ワイナリー/Deuxiemeシャルドネ/2007

 

むむむ、

あなどれないです。

 

先日飲んだピノノワールも

とても良い意味で軽妙なバランスの良さがあって

 

なおかつピノノワールらしさも感じられる

楽しめる、なかなかやるな!的なワインでしたが、

こちらのシャルドネもなかなかです。

 

長野県北安曇郡池田町青木原の畑で、垣根仕立て、

樹齢15年超のシャルドネから作られたワイン。

 

長野県原産地呼称管理委員会認定だそうですが、

そんなのはどーでもいい感じで、

樽で12カ月熟成して、なんと1500円です。

 

色は黄金色で、

結構しっかりめの味わいなのかな?と思いきや!

むしろ軽妙です。(笑)

 

味わい的には本当にスッキリ。

なにも残らないくらいスッキリさんです。

 

面白いのは香りで、レモン、青リンゴ、

シトラス、ドライめのナッツ、軽めのMLF香に、

 

上品な樽の香りが、意外と目立っていて、

印象として近いのは長野シャルドネのライト版といった趣で、

1500円なのに、その樽クオリティーに驚きでした。

 

舌をすべる感覚として

わりとぬるっとした粘性を感じるのですが、

なぜかスルスルと流れていきます。

 

このギャップがすごいすごい謎で、

コクがあるわけじゃないのに、ふくらみがあります。

 

シュールリーとかではなくて・・・

スキンコンタクトとかなんでしょうか?

 

そして余韻には長い樽とナッツ系の風味が続きます・・・。

まちがいなくライトボディなワインなのですが、

 

値段以上に香りで楽しめて、

なおかつとてもクリーンなワインで優れモノです。

 

今後数年後につながる進化の片りんを感じました。

大量に土壌改良もされたとのことでぜひ一度訪問してみたいワイナリーですね。

 

こちらはセカンドワイン的な位置づけで

上級キュベも気になるところです。

というか、メルローとかもきになっちゃいました。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です