レ・ザマン・デュ・シャトー・モンペラ/2007

grey レ・ザマン・デュ・シャトー・モンペラ/2007

 

某マンガにて一世を風靡したモンペラ、の、上級キュベです。

メルロー主体(約70%)でカベルネソーヴィニヨン、カベルネフラン。

おおよそメルローの味わいが主体的ですが、

後味にはちゃんとボルドーらしさが保たれています。

飲みやすいです。

2007ということでタンニンや凝縮感は

それほどでもないですが、まとまりがあって、

ほろにがい&あまい樽フレーバーが印象的。

日本ワインで言うと、井筒ワインの同価格帯メルロと似てます。

ヴァニラというよりコーヒー豆系。

マンガうんぬんはおいておいても、

たしかに口当たりが良くて果実味も楽しめて飲みやすいです。

重い&太いワインではなく繊細さというか線の細いスマートさも感じられて

なるほど、売れた理由も納得ですね。しつこいですが、飲みやすいです(笑)

 

[2003]ヴィンテージより正式リリースされた
「シャトー・モンペラ」の
新たなコンセプトのワインです。
彫刻用に採取される粘土のある区画で
育ったぶどうのみを使用しています。
ラベルは、ティボー・デスパーニュ氏の
妻のソフィー婦人がこの区画で採取された粘土を使い、
恋人達を表現した彫刻をもとにデザインされております。
通常のシャトー・モンペラに比べて、
こちらは、繊細さを多く感じとれます。
葡萄の熟した果実のアロマに、バニラの香りや、
複雑に混ざり合ったスパイシーさが感じられます。
新たなコンセプトのワインですが、
完成度の高い仕上がりになっております。

レザマン・デュ・シャトー・モンペラ [2007](赤)@楽天


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です