事前情報で味覚評価が変わることが、科学的に裏付けられる(Science Daily)

環境が消費者の意思決定に及ぼす影響を研究している

チューリッヒの研究者が実験したそうです。

 

163人の被験者を4つのグループに分けて

アルゼンチンワイン「クロ・デ・ロス・シエテ・メンドーザ2006」

の評価をさせたそうです。ちなみにパーカーポイントは92点。

 

グループ1)事前に92点のワインであることを知らせた

グループ2)事前に72点のワインであると偽情報を知らせた

グループ3)事後に92点のワインであることを知らせた

グループ4)事後に72点のワインであると偽情報を知らせた

グループ5)事前も事後もなにも情報を知らせなかった

 

評価ポイントは2点。

 

A)「超キライ」から「超サイコー」まで10段階で評価してほしい

B)「いくらなら買うか」を評価してほしい

 

結果は、

事前に「92点」だと知っていたグループはめちゃめちゃ高額をつけ、

事前に「72点」だと知らされていたグループはめちゃめちゃ低い金額だったそうで。

 

ところが事後に知らされた2つのグループは

「92点なの?へー。」「72点なの?ふーん。」ってな感じで、

後からの情報は、金額への影響はなかったそうです。

 

まとめ

事前情報アリ → 「(実際より)ウマー!」 → 「(よくわからないけど)高くても買うッス!」

 

これだけの人数を相手に実験したのが面白いですね(笑)

 

パーカーポイント、レア度、カリスマ度、

ミシュラン、ランキング、口コミ、リコメンド、コンクール、etc

 

いろいろ参考にするものがあったとしても、

良いか悪いか、高いか安いか、とか、

 

“価値”って最終的には自分が決めるものだと思いますし、

それを考えて財布のヒモをほどくべきだよなあ・・・って思いました。

 

個人的には「餃子の王将」が、

マイ3つ星レストランですけどね!(笑)

 

Science Daily

http://www.sciencedaily.com/releases/2009/09/090912124050.htm


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です