メルシャン/山梨ベリーA/2006

grey メルシャン/山梨ベリーA/2006

 

ベリーAには

1)野性的なキャンディ香のクラシカルなベリーA

2)キャンディ香を上手にコントロールした優等生的なベリーA

3)どうかするとピノ系に近い印象もある現代的なベリーA

4)その他

 

くらい系統があると思うのですが、

メルシャンのベリーAは、2)と3)の間に位置していると感じています。

 

香りは、もうたくさん向き合ってきた、はっきりとわかるメルシャン香です。

(これもひとつの個性でしょう!)

 

しっかりしたMLFからの乳酸系のやわらかさと、

折り目正しく編みこまれたテクスチャー、

ふくよかなボリューム感、

それでいて冷ややかめの酸を感じます。

 

色も濃い目に抽出されています。

はじめは少しミルキーなベリー系の香り+樽のニュアンス、

時間を追うにつれてベリーAらしいキャンディ香が表にでてきます。

 

終始まとまりがあり、まろやかにスタイルを保っています。

このあたりの上品な仕上げは、さすがメルシャンです!

 

樽熟成26ヶ月というのもメルシャンだからこそなし得る

ベリーAのワインとしては別格な贅沢さ。

 

個人的には「あの」ヴィンテージ2005を超えてはいませんが、

いつも安定してレベルの高い「優等生」な銘柄だと思います(いい意味で!)

 

メルシャンのワインには、

ついつい期待度が高すぎちゃうんです(笑)

 

シャトーメルシャン山梨ベリーA@楽天


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です