宝水ワイナリー/RICCA レンベルガー/2006

 

grey 宝水ワイナリー/RICCA レンベルガー/2006

 

20代の笑顔が素敵な醸造家・石塚さんが

腕をふるうのが、北海道の宝水ワイナリーです。

 

レンベルガーはオーストリア産の赤ワイン専用品種で、

オーストリアではブラウフレンキッシュと呼ばれています。

 

北海道の赤ワインですが

こちらは2006ヴィンテージということで

酸もかなり角が丸くなってマイルドになっています。

テクスチャー的にはなめらかで飲みやすいです。

 

色は薄めでミディアムボディです。

タンニンは若干粉っぽいパウダリーさを感じさせる、

似ているのはドイツのピノ=シュペートブルグンダー。

 

透明感のある感じのチャーミングなチェリーからダークチェリー。

余韻のなかにMLF由来のほんのに甘い香りも残ります。

 

あくまでもミディアムボディですが

酸・タンニン・渋みのどれもが突出することなく、

バランスよくまとまっているワインですね。

 

透明感のあるピノノワールのような

北海道の爽やかな酸と

チャーミングな果実味を楽しめますよ!

 

ちなみにこのヴィンテージのレンベルガーは

226本しかなかったそうです。

貴重なの飲んじゃいました・・・。

 

【宝水ワイナリー公式サイト】

http://www6.ocn.ne.jp/~housui/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です