ブルゴーニュ【Burgundy】

DRC/エシェゾー/2006

投稿日:

DSCF5496.JPG

 

飲んだワインに、まったくブログが追いついていません!!!

というわけで、年末に開催したワイン会から。

 

DRCさんのワインって、普通の常識なら、

すくなくともある程度は熟成させてから飲みますよね。

 

が。

 

DRCさんのワインはどんな状態でリリースされているのか!?

が気になったので、さっそく開けて飲み干しました。

 

エシェゾーって、文字の綴りが世界一カッコイイ!

と思ったりもしますが、いかがでしょうか?

 

抜栓は一応、約2時間前。

さてそれではグラスに注いで・・・っと。

 

おっと!

2006、予想以上に飲めちゃいますね。

 

もちろんエシェゾーは一番はやくからとっつきやすいですが、

それにしても、思った以上に、やわらかいです。

 

ヴォーヌロマネ独特のスパイシーさに加えて、個性的なヨモギ系の香り。

濃く深いベリーな果実感はもちろん一流。

 

なんですが、なんでしょうこの微妙な違和感。

 

湧き上がってくる香りのヴォリュームや迫力、

その他の要素も、ちょびっと寂しいような・・・。

 

熟成して大器晩成しそうかというと、熟成に必要なものが

すこし少ないような感じがしたのが正直なところでした。

 

もちろん美味しいんです!

けど個人的には割高銘柄ですね。

 

っていうか、ワインって、ある価格水準を超えると

品質と比例しない希少価値価格ゾーンにはいるものですが。

 

官能的なポテンシャル(とコスtッパフォーマンス)でいうと、

僕はこれ以前に飲んだモンジャール・ミュニュレのグランエシェゾーに

 

軍配をあげちゃいます。

(エシェゾーとグランエシェゾーの間には越えられない壁もありますが。)

 

DRCはワインとしての完成度を考慮したとしても、

やっぱり高すぎるのでなかなか買えませんが、

 

あえて買う理由もないような気もする今日このごろです。

(といいながら2005買いましたが・・・)

 

やっぱり甲州&ベリーAがウマイですよね!!!

(by 日本ワイン信者)

-ブルゴーニュ【Burgundy】

Copyright© なんでもテイスティング人生。 , 2019 All Rights Reserved.